超差別化営業とは

私は今、住宅営業マンとして仕事をし、同じように住宅営業マンを教育をしています。

 

若いころからこの業界にいて、結果が出ないこともありましたし、

本当に色々なことで悩み続けていた過去があります。

 

その時に研究し、とことん考え抜いて見つけ出したのが超差別化営業です。

 

はじめは社内で1番になろうとか思っていましたが、大事なのはそれよりも

「すべての営業マンの中で1番になろう」と思うことだと気づきました。

 

 

ライバルは社内ではないです。(成績という面ではライバルだが)

 

 

私たちが勝たなくてはいけないのは、「お客様が自分以外に出会う全ての営業マン」です。

 

 

他社の営業マンは色々な人がいます。男性、女性、若手、ベテラン、相手が店長や社長の時だってある。

 

知識、経験、提案力、トーク力・・・

 

他社の営業マンに勝つためにはどうしますか?

 

ただがむしゃらに「知識」を身に着けるのか、

 

とにかく「提案力」をつけるために練習しまくるのか、

 

ただがむしゃらに・・・

 

これはすべて正解です。

ですが、「すごく時間がかかる」んです。

 

プロフェッショナルになるというのはそれに対して「時間」が必要になります。

 

つまり、成果が出るのは「先の話」なんです。

 

皆さんがストイックならまだしも、ほとんどの方がそこまで行けずに諦めてしまうのが現状です。

 

では、最速で成果を出すには。

それが「差別化」です。

ナンバーワンではなくオンリーワンです。

 

 

他の人がやらないこと、やった方がいいと分かっているのにやれていないことを知ることで、他社の営業マンと「差別化」することができます。

 

 

オンリーワンになって、ナンバーワンになりましょう。

 

まだ何言っているかわからないかもしれませんが、段々わかってくると思います。

 

最短で最高の営業マンに。キーワードはこの「超差別化営業」です。